[請求計算処理]-[抽出結果]で該当行がグレーアウトし、計算処理することができません。

ID:1299

A.[請求未確認件数]がある場合、[請求計算処理]を実行できません。

[勤怠入力]にて[請求確認]が未チェックの勤怠にチェックを入れてください。

 

mceclip0.png

[請求計算処理]を行い、[請求未確認件数]を確認します。

[勤怠入力]にて[請求確認]が未チェックの勤怠を確認し、チェックを入れます。
[請求計算処理]を行います。

 

[請求計算処理]を行い、[請求未確認件数]を確認します。

①[請求]-[請求計算処理]-[抽出結果]で、グレーアウトしている行の[請求未確認件数]をクリックします。

カーソルを合わせたまま、キーボードの「space」キーを押下します。

mceclip1.dat

 

[勤怠入力]で[請求確認]が未チェックの勤怠を確認します。

[勤怠入力]-[抽出結果]で[請求確認]にチェックを入れます。

②登録(F2)します。

mceclip2.dat

 

[請求計算処理]を行います。

詳細は[請求計算処理]をご参照ください。

 

◎参考◎
「勤怠件数<確認件数+未確認件数」の場合は、売上入力データに対して[請求確認]が未チェックのものがある為、[案件]-[売上明細]の[請求確認]にチェックを入れて登録(F2)してください。mceclip3.dat