配置入力(日別)について

概要

スタッフ、勤務体系、配置ステータスなどを日ごとに指定できます。勤怠実績も入力可能です。
働くスタッフが日ごとに変わるシフト勤務の場合は[配置入力(日別)]を使うと便利です。
契約書を出力している場合、勤務体系にロックがかかり変更できないことがあります。
[権限マスタ(操作)]-[配置入力(日別)]-[発行履歴ありの配置ステータスの編集許可]のチェックを付けることで解消いたしますのでお試し下さい。

在留資格の労働時間のチェックを行いたい場合は以下の設定が必要です。
[配置メッセージマスタ]で在留資格用の配置メッセージを登録
[配置メッセージグループマスタ]で在留資格に関する配置メッセージをグループ登録
・上記で登録した配置メッセージグループNOを[スタッフマスタ]-[詳細]-[メッセージ]の配置メッセージグループNOに登録

 

項目説明-目次

抽出条件
抽出結果

 

 

項目説明

抽出条件

Frame 1.png

No 項目名 項目説明
就業年月日 就業年月日を指定します。
初期表示はシステム日付(本日)です。
[切替]ボタン押下で、単一日指定と範囲指定の切り替えが可能です。
単一日指定の場合は[前日]ボタン、[翌日]ボタン押下で就業日が変更できます。[当日]ボタンを押下すると、就業日がシステム日付(本日)に変更されます。
請求締グループ 請求先の請求締グループを指定できます。
配置ステータス 配置ステータスを選択して検索できます。複数選択が可能です。
値は[名称マスタ]-[勤怠]-[カテゴリ名:配置ステータス]で設定します。
申請確認 申請確認の状態を指定できます。
支給確認 支給確認の状態を指定できます。
請求確認 請求確認の状態を指定できます。

 

 

抽出結果

Frame 2.png

No 項目名 項目説明
表示パターン

画面の表示パターンを選択します。
表示パターンの詳細は表示パターンの作成・変更・削除をご確認ください。

配置方法 スタッフを配置した方法(期間 or 日別)を表示します。
粗利益 [案件入力]-[ヘッダ部]-[粗利益]を表示しています。
※粗利益は、案件に紐付く全支給金額と全請求金額より算出されます。
粗利率 [案件入力]-[ヘッダ部]-[粗利率]を表示しています。
※算出された粗利益より率を求めています。
給与締グループ [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)][案件入力]で配置(指定)したスタッフの[スタッフマスタ]-[支給]-[給与締グループ]で登録されている値を表示します。
業務経験回数 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)][案件入力]で配置(指定)したスタッフの業務の経験回数を表示します。
業務経験回数は以下のような表示の基準があります。
配置した就業年月日より以前に、同一のスタッフ NO が、同じ業務 NO を持つ案件に配置された場合に、就業日ごとに 1 つの経験回数をカウントして表示します。
尚、[配置入力(日別)]で配置ステータスを中止とした場合、ダブルワーク(同一就業日)の場合には、業務経験回数としてカウントせず、経験回数のカウント数は前回と同じ値で表示されます。
[システムマスタ]-[運用設定]-[配置]-[業務経験回数を表示する]のチェックを付ける事で参照可能となります。
配置ステータス [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)][案件入力]で配置(指定)したスタッフに対して、[配置ステータス]を指定します。
[配置ステータス]は[名称マスタ]-[勤怠]-[カテゴリ名:配置ステータス]で設定します。
[権限マスタ(操作)]-[カテゴリ名:案件]-[プロセス名:案件入力]の詳細権限[詳細:発行履歴ありの配置ステータスの編集許可]の設定により、ロックを行うか行わないか制御します。
配置備考

[配置入力(日別)]・[配置入力(月別)][案件入力]で配置(指定)したスタッフの、配置備考の入力内容を表示します。

配置始業時間

[案件入力]-[就業条件]-[就業条件1]の勤務体系で登録した、始業時間を表示します。また、案件入力時点で複数勤務体系が存在した場合には、[配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で選択した勤務体系の始業時間が表示されます。

配置終業時間 [案件入力]-[就業条件]-[就業条件1]の勤務体系で登録した、終業時間を表示します。また、案件入力時点で複数勤務体系が存在した場合には、[配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で選択した勤務体系の終業時間が表示されます。
配置所定時間 [案件入力]-[就業条件]-[就業条件1]の勤務体系で登録した、所定時間を表示します。また、案件入力時点で複数勤務体系が存在した場合には、[配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で選択した勤務体系の所定時間が表示されます。
配置基休時間 [案件入力]-[就業条件]-[就業条件1]の勤務体系で登録した、休憩時間を表示します。また、案件入力時点で複数勤務体系が存在した場合には、[配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で選択した勤務体系の休憩時間が表示されます。
配置残休時間 [案件入力]-[就業条件]-[就業条件1]の勤務体系で登録した、残業休憩時間を表示します。また、案件入力時点で複数勤務体系が存在した場合には、[配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で選択した勤務体系の残業休憩時間が表示されます。
配置深休時間 [案件入力]-[就業条件]-[就業条件1]の勤務体系で登録した、深夜休憩時間を表示します。また、案件入力時点で複数勤務体系が存在した場合には、[配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で選択した勤務体系の深夜休憩時間が表示されます。
申請時間

[権限マスタ(操作)]-[カテゴリ名:配置]-[プロセス名:配置入力(日別)]の詳
細権限である[申請時間の入力許可]にチェックがついている権限が設定されている場合に入力が可能です。
[配置入力(日別)]・[配置入力(月別)][案件入力]で配置(指定)したスタッフの配置ステータスが配置済で、[出勤区分(申請)]が選択されている場合、入力が可能となります。
申請時間に入力した時間は[得意先マスタ]-[算出]-[丸め情報]-[始業時間基準][始業時間計算]の設定により、時間の丸めが行われ、支給時間、請求時間に反映されます。
[支給確認]のチェックがついている場合、入力が出来ません。

申請始業時間 スタッフからの申請時間を入力します。
NEO 勤怠申請で申請された時間が自動で取り込まれます。
申請終業時間
申請基休時間
申請残休時間
申請深休時間
申請時間 1~6

申請に関する時間を入力します。
[名称マスタ]-[勤怠]-[申請時間 1~6]に名称を設定した場合に表示されます。

申請備考 1~3 申請に関する備考を入力します。
[名称マスタ]-[勤怠]-[申請備考1~3]に名称を設定した場合に表示されます。

 

全体確認 配置データの申請・支給・請求確認の登録状態を表示します。
本来、勤怠実績の確認を行った際、本項目をチェック状態に変更する事で使用されますが、[配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上でのチェック・登録も可能となっています。
支給確認 配置データの支給確認の登録状態を表示します。
本来、勤怠実績の確認を行った際、本項目をチェック状態に変更する事で使用されますが、[配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上でのチェック・登録も可能となっています。
出勤区分 (支給) 勤怠入力で指定した支給列の出勤区分の値を表示します。
始業時間 (支給)

支給の始業/終業時間を入力します。初期値は配置時間・申請時間の入力値が表示されます。
24時以降の就業時間を入力する場合は、24時間表記のため25時ではなく1時と入力します。また、勤務時間が23時間59分を超える入力はできません。
始業時間、終業時間に同じ時間を入力することはできません。

終業時間 (支給)
所定時間 (支給)

支給の所定時間/基本休憩時間/残業休憩時間/深夜休憩時間を入力します。

基本休憩時間 (支給)
残業休憩時間 (支給)
深夜休憩時間 (支給)
実働時間 (支給) 自動計算された実働時間が表示されます。
基本時間 (支給) 自動計算された基本時間/残業時間/深夜時間が表示されます。直接手入力で時間の変更も可能です。
残業時間 (支給)
深夜時間 (支給)
法定内休出時間(支給) 自動計算された法定内休出時間/法定外休出時間が表示されます。
法定外休出時間(支給)
残業補正時間 (支給) 自動計算された残業補正時間が表示されます。
残業45H 超時間 (支給) 自動計算された残業 45H 超時間が表示されます。
[システムマスタ]-[運用設定]-[給与・賞与・年調]-[残業 45H 超を計算する]のチェックを付けると列表示されます。
残業60H 超時間 (支給) 自動計算された残業 60H 超時間が表示されます。
[システムマスタ]-[運用設定]-[給与・賞与・年調]-[残業 60H 超を計算する]のチェックを付けると列表示されます。
遅刻時間 (支給) 自動計算された遅刻時間/早退時間が表示されます。
早退時間 (支給)
支給単価区分 案件で入力された支給単価区分を表示します。
支給基本単価 案件で入力された支給基本単価/支給残業単価/支給深夜単価/支給法定内単価/支給法定外単価を表示します。
当画面から配置したスタッフの場合は、直接入力が可能です。
支給残業単価
支給深夜単価
支給法定内単価
支給法定外単価
支給45H 超割増 案件で入力された支給 45H 超割増の単価を表示します。
当画面から配置した場合は、直接入力が可能です。
[システムマスタ]-[運用設定]-[給与・賞与・年調]-[残業 45H 超を計算する]のチェックをつけると列表示されます。
案件の取引区分=[日々紹介]の場合は使用できません。
支給60H 超割増 案件で入力された支給 60H 超割増の単価を表示します。
当画面から配置した場合は、直接入力が可能です。
[システムマスタ]-[運用設定]-[給与・賞与・年調]-[残業 60H 超を計算する]のチェックをつけると列表示されます。
案件の取引区分=[日々紹介]の場合は使用できません。
総支給金額 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で、設定された時間・単価情報を元に値を算出し、支給の総額を表示します。
支給基本金額 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で、設定された基本時間・基本単価情報を元に値を算出し、支給の基本金額を表示します。
支給残業金額 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で設定された残業時間・残業単価情報を元に値を算出し、支給の残業金額を表示します。
支給深夜金額 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で設定された深夜時間・深夜単価情報を元に値を算出し、支給の深夜金額を表示します。
支給法定内休出金額 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で設定された時間・法定内休出単価情報を元に値を算出し、支給の法定内休出金額を表示します。
支給法定外休出金額 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で設定された時間・法定外休出単価情報を元に値を算出し、支給の法定外休出金額を表示します。
支給基本補正金額 給与計算処理時に補正処理が行われた場合に、補正された基本金額/残業金額を表示します。
支給残業補正金額
支給残業45H 超金額 給与計算処理時に残業45H超に対して補正処理が行われた場合に、補正された残業金額を表示します。
[システムマスタ]-[運用設定]-[給与・賞与・年調]-[残業45H超を計算する]のチェックをつけると列表示されます。
支給残業60H 超金額 給与計算処理時に残業60H 超に対して補正処理が行われた場合に、補正された残業金額を表示します。
[システムマスタ]-[運用設定]-[給与・賞与・年調]-[残業60H超を計算する]のチェックをつけると列表示されます。
有給金額 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]では有給金額の設定はできません。
勤怠入力画面で出勤区分=[有休(**)]とした場合に算出された金額を表示します。
支給項目1~20 案件入力の任意の支給(手当)項目1~20に入力された金額を表示します。処理単位[日額]の場合、直接手入力することも可能です。
支給(手当)項目1~20は[名称マスタ]-[給与]-[カテゴリ名:支給項目 1~20]で設定します。
控除項目1~20 案件入力の任意の控除項目1~20に入力された金額を表示します。処理単位[日額]の場合、直接手入力することも可能です。
控除項目1~20は[名称マスタ]-[給与]-[カテゴリ名:控除項目 1~20]で設定します。
支給備考 支給/控除に関する備考を入力します。
控除備考
給与前払 NO 配置データに対して、紐付く給与前払データが存在すれば、NOを表示します。
給与前払日 給与計算処理済みの配置データの場合、作成された給与台帳の給与 NOを表示します。
給与締日 給与計算処理済みの配置データの場合、作成された給与台帳の給与締日を表示します。
求職受付手数料 案件の取引区分=[日々紹介]の場合に、求職受付手数料に徴収金額を表示します。
請求確認 配置データの請求確認の登録状態を表示します。
本来、勤怠実績の確認を行った際、本項目をチェック状態に変更する事で使用されますが、[配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上でのチェック・登録も可能となっています。
取引区分[日々紹介]の場合、本項目はチェック不可となり、以降の請求に関する項目は全てロックされた状態となります。
出勤区分 (請求) 勤怠入力で指定した請求列の出勤区分の値を表示します。
始業時間 (請求) 請求の始業時間/終業時間を入力します。初期値は配置時間・申請時間の入力値が表示されます。
終業時間 (請求)
所定時間 (請求) 請求の所定時間を入力します。初期値は[案件入力]-[就業条件]-[就業条件1]の勤務体系に入力された値が表示されます。
基本休憩時間 (請求) 請求の基本休憩時間を入力します。初期値は配置時間・申請時間の入力値が表示されます。
残業休憩時間 (請求) 請求の残業休憩時間/深夜休憩時間を入力します。初期値は[案件入力]-[就業条件]-[就業条件1]の勤務体系に入力された値が表示されます。
深夜休憩時間 (請求)
実働時間 (請求) 自動計算された実働時間が表示されます。
基本時間 (請求) 自動計算された基本時間が表示されます。直接手入力で時間の変更も可能です。
残業時間 (請求)
深夜時間 (請求)
法定内休出時間 (請求) 自動計算された法定内休出時間/法定外休出時間が表示されます。
法定外休出時間 (請求)
残業補正時間 (請求) 請求確定処理時に補正された残業時間が処理された場合に表示されます。
残業45H 超時間 (請求) 自動計算された残業45H超時間が表示されます。
[システムマスタ]-[運用設定]-[請求]-[残業45H超を計算する]のチェックをつけると列表示されます。
残業60H 超時間 (請求) 自動計算された残業60H超時間が表示されます。
[システムマスタ]-[運用設定]-[請求]-[残業60H超を計算する]のチェックをつけると列表示されます。
遅刻時間 (請求) 自動計算された遅刻時間/早退時間が表示されます。
早退時間 (請求)
請求単価区分 案件で入力された請求単価区分/請求基本単価/請求残業単価/請求深夜単価/請求法定内単価/請求法定外単価を表示します。
当画面から配置したスタッフの場合は、直接入力が可能です。
請求基本単価/紹介手数料
請求残業単価
請求深夜単価
請求法定内単価
請求法定外単価
請求45H 超割増 案件で入力された請求45H超割増の単価を表示します
[システムマスタ]-[運用設定]-[請求]-[残業45H超を計算する]のチェックをつけると列表示されます。
請求60H 超割増 案件で入力された請求60H超割増の単価を表示します
[システムマスタ]-[運用設定]-[請求]-[残業60H超を計算する]のチェックをつけると列表示されます。
請求金額 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で設定された時間・単価情報を元に値を算出し、請求の総額を表示します。
紹介手数料率 案件入力の取引区分=[日々紹介]の場合に入力された紹介手数料率を表示します。
請求基本金額/紹介手数料 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で設定された基本時間・基本単価情報を元に値を算出し、請求の基本金額を表示します。また、紹介手数料率から算出した請求の基本金額を表示します。
請求残業金額 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で設定された残業時間・残業単価情報を元に値を算出し、請求の残業金額を表示します。
請求深夜金額 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で設定された深夜時間・深夜単価情報を元に値を算出し、請求の深夜金額を表示します。
請求法定内休出金額 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で設定された時間・法定内休出単価情報を元に値を算出し、請求の法定内休出金額を表示します。
請求法定外休出金額 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)]上で設定された時間・法定外休出単価情報を元に値を算出し、請求の法定外休出金額を表示します。
請求基本補正金額 請求計算処理時に補正処理が行われた場合に、補正された基本金額/残業金額を表示します。
請求残業補正金額
請求残業45H超金額 請求計算処理時に残業45H超に対して補正処理が行われた場合に、補正された残業金額を表示します。
[システムマスタ]-[運用設定]-[請求]-[残業45H超を計算する]のチェックをつけると列表示されます。
請求残業60H超金額 請求計算処理時に残業60H超に対して補正処理が行われた場合に、補正された残業金額を表示します。
[システムマスタ]-[運用設定]-[請求]-[残業60H超を計算する]のチェックをつけると列表示されます。
請求項目1~17 案件入力の取引区分≠[日々紹介]の場合に、案件入力の任意の請求項目
1~17 に入力された金額を表示します。直接手入力することも可能です。
請求項目 1~17 は[名称マスタ]-[請求]-[カテゴリ名:請求項目]で設定します。
請求備考 請求に関する備考を入力します。
請求 NO 請求計算処理済みの配置データの場合、作成された請求台帳の請求 NO を表示します。
請求締日 請求計算処理済みの配置データの場合、作成された請求台帳の請求締日を表示します。
請求締ステータス 配置データに対して、請求の進捗状況を表示します。
チェック(不活性)1~5 自由項目のチェックボックスを表示します。
[名称マスタ]-[勤怠]-[チェック(不活性)]に名称を設定した場合に表示されます。
勤怠備考 1~3 勤怠に関する備考を入力します。
[名称マスタ]-[勤怠]-[勤怠備考 1~3]に名称を設定した場合に表示されます。
追加日時 配置データが作成された日時を表示します。
追加ユーザー 配置データを作成しユーザーを表示します。
更新日時 配置データが更新された日時を表示します。
更新ユーザー 配置データが更新したユーザーを表示します。
差引支給金額 総支給金額から控除金額を減算した差引支給金額を表示します。
発行日時 各種契約書を発行した最終日時を表示します。
発行履歴を残していない場合は空白となります。
就業カレンダー出勤区分

[案件入力]-[就業条件]-[就業条件1]で指定した、出勤区分を表示します。

職業 NO

[案件入力]-[ヘッダ部]-[職業NO]で指定した、職業 NO を表示します。

職業名

[案件入力]-[ヘッダ部]-[職業NO]で指定した、職業名を表示します。

メモ1~8 [配置入力(日別)]・[配置入力(月別)][案件入力]で登録されたスタッフの[スタッフマスタ]-[備考]-[メモ1~8]を表示します。
[名称マスタ]-[スタッフ]-[メモ1~8]に名称を設定した場合に表示されます。
請求(紹介)項目18~20 案件入力の取引区分=[日々紹介]の場合に、案件入力の任意の請求(紹介)項目18~20に入力された金額を表示します。直接手入力することも可能です。任意の請求(紹介)項目18~20は[名称マスタ]-[請求]-[請求項目(紹介)]で設定します。
契約時間 案件入力より引き継がれた契約時間を表示します。
就業現場名3

[案件入力]-[ヘッダ部]-[就業現場NO]で指定した[就業現場名3]を表示します。

集合時間 [案件入力]-[就業現場詳細]-[集合時間]を表示します。
追加ユーザー名 配置データを作成したユーザー名を表示します。
更新ユーザー名 配置データを更新したユーザー名を表示します。
画像枚数 スタッフがNEOから勤怠申請の根拠としての資料を画像申請した場合、その枚数が表示されます。
支給基礎単価月額合計 [案件入力]で指定した支給項目1~20のうち、基礎単価区分[する]、処理単位[月額]の金額(合算値)を表示します。
請求基礎単価月額合計 [案件入力]で指定した請求項目1~17のうち、基礎単価区分[する]、処理単位[月額]の金額(合算値)を表示します。
申請確認

スタッフから申請された勤怠実績の確認を行った際、チェック状態に変更します。
[権限マスタ(操作)]-[カテゴリ名:配置]-[プロセス名:配置入力(日別)]の詳細権限である[申請確認→支給確認連動]にチェックがついている権限の場合、申請確認にチェックを入れると、申請時間に入力した内容が支給確認、支給時間に反映されます。
[権限マスタ(操作)]-[カテゴリ名:日別]-[プロセス名:配置入力(日別)]の詳権限である[申請確認許可]にチェックがついている権限の場合に入力が可能です。

勤務体系(申請) スタッフから申請された勤務体系を入力します。
勤務体系が複数ある場合に入力が可能になります。
NEO勤怠申請で申請された時間が自動で取り込まれます。
出勤区分(申請) スタッフから申請された出勤区分を入力します。
NEO勤怠申請で申請された時間が自動で取り込まれます。