「現得意先NOの枝番号「000」以外の得意先が存在します」とメッセージが表示され、得意先NOを変更することができません。

ID:6166

Q.「現得意先NOの枝番号「000」以外の得意先が存在します」とメッセージが表示され、得意先NOを変更することができません。

以下のようなメッセージが表示されます。

  • 現得意先NOの枝番号「000」以外の得意先が存在します。
  • 現得意先NOの枝番号「000」の得意先が存在しません。

mceclip1.dat

 

A.[システムマスタ]-[運用設定]-[得意先・就業現場マスタ]-[得意先枝番「000」を必須とする]のチェックを外していただくことで変更が可能となります。

mceclip0.dat

[システムマスタ]の編集をします。

[得意先NO変更]にて得意先NOを変更します。
[システムマスタ]を元の設定に戻します。

 

 

[システムマスタ]の編集をします。

  1. [システムマスタ]-[運用設定]-[得意先・就業現場マスタ]-[得意先枝番「000」を必須とする]のチェックを外します。
  2. [登録(F2)]を押下します。

mceclip2.dat


[得意先NO変更]にて得意先NOを変更します。

[NO変更]-[得意先NO変更]で得意先NOを変更します。

 

 

[システムマスタ]を元の設定に戻します。

  1. [システムマスタ]-[運用設定]-[得意先・就業現場マスタ]-[得意先枝番「000」を必須とする]にチェックを入れます。
  2. [登録(F2)]を押下します。

mceclip1.dat