システムマスタ-運用設定-勤怠

項目説明

勤怠

WS000002.png

No 項目名 項目説明
所定時間 残業時間とみなす基準の時間を指定します。初期時間は 08:00 となり、[案件入力]-[就業条件]-[就業条件1]へ初期表示します。
深夜時間

深夜時間とみなす時間帯を指定します。
初期時間は、22:00~05:00 となります。

対象デフォルト [対象]列の初期表示を未チェック、チェック済の選択をできます。
遅早時間を表示する チェックを付けた場合、[勤怠入力]に支給遅刻時間、支給早退時間、請求遅刻時間、請求早退時間、給与台帳に遅刻回数、早退回数、遅早回数、遅刻時間、早退時間が表示されます。
所定時間以上の勤怠でも遅早時間を算出する チェックを付けた場合、遅早時間を残業時間も加味して算出します。
※[遅早時間を表示する]にチェックが付いている場合にチェックが可能になります。
休憩時間数チェック 勤怠入力、NEO タイムシート、NEO 勤怠日報で労働基準法に満たない休憩時間を登録しようとした場合、警告もしくは中断メッセージを表示します。
・チェックなし:休憩時間数のチェックを行いません。
・警告:休憩時間数のチェックを行い、条件に当てはまった勤怠を登録・申請ボタンを押下すると、警告メッセージが表示されます。メッセージが表示されますが、登録・申請は可能です。
・中断:休憩時間数のチェックを行い、条件に当てはまった勤怠を登録・申請ボタンを押下すると、警告メッセージが表示され、登録・申請を中断します。
警告・中断の判断は以下条件となります。
・1 日の実働時間が 6 時間超過 かつ 休憩時間(※)が 45 分未満の場合
・1 日の実働時間が 8 時間超過 かつ 休憩時間(※)が 60 分未満の場合
※休憩時間は[基本休憩+残業休憩]となります。
編集時に排他確認を行う チェックを付けた場合、[勤怠入力]の既存データを更新する都度、案件データ及び勤怠データの最新状態を再読み込みします。
チェックを外すと、都度のデータ読み込みを行いません。
登録後の処理 [勤怠入力]登録後の明細表示方法を指定します。
[登録(F2)]押下し登録後の勤怠入力の動作を以下の3つより選択できます。
セルのマージを有効とする チェックを付けた場合、[勤怠入力]で表示される就業年月日や案件管理などの項目を結合表示します。
一方、勤怠入力画面データ取得および表示パフォーマンスが落ちます。
変更された勤怠NOをログ出力する チェックを付けた場合、[勤怠入力]のログ一覧に、変更した勤怠NOがログとして残します。
複数就業現場の場合は勤怠入力(合計)の支給基本給をゼロとする チェックが付いている場合、複数就業現場の場合は勤怠入力(合計)の支給基本給固定で 0 円とします。
使用する出勤区分

[勤怠入力]で使用する出勤区分を選択します。
[対象]にチェックを付けた出勤区分が出勤区分の選択肢に表示され選択できるようになります。
また、リストに表示する順番を[並び順]から、出勤区分を選択したときの該当勤怠の背景色を[配色]から選択することが可能です。
法定内休日、法定外休日がチェック OFFの場合、[就業カレンダーマスタ]で法定内休日、法定外休日の登録を行うとエラーとなります。
※通常出勤、法定内休出、法定外休出は必ずチェックが入った状態となります。
出勤区分についての詳細は[出勤区分・出勤定義について]をご確認ください。