社会保険資格取得予定管理について

概要

エクスプレスの勤怠実績(就業時間や日数)を基に、社会保険被保険者の資格取得要件を満たすスタッフを一覧として出力します。
就業期間が 1~3 ヶ月間のそれぞれの条件に応じて対象スタッフの確認ができ、当画面から、[スタッフマスタ]-[社保]-[社会保険区分]を直接更新することが可能です。

【①のみ、時間・期間を指定する場合】
1 週間の就業時間が30時間以上、条件期間内の就業日数が17日以上であり、翌月以降も雇用が継続されれば社会保険の加入要件を満たすスタッフを抽出する目的で利用します。この場合、初回稼働日からの期間・時間を入力します。

【①と②の時間・期間を指定する場合】
社会保険の加入要件を満たすスタッフで、まだ社会保険の対象となっていないスタッフを抽出する目的で利用します。この場合、初回稼働日から、2か月連続の期間と時間を入力します。

【①~③の時間・期間を指定する場合】
社会保険の加入要件を確実に満たすスタッフで、まだ社会保険の対象となっていないスタッフを抽出する目的で利用します。この場合、初回稼働日から、3 か月連続の期間と時間を入力します。



項目説明-目次

抽出条件
抽出結果

 

 

項目説明

抽出条件

WS000001.png

No 項目名 項目説明
①の就業時間と日数 抽出したい月の1日から1か月間の期間を指定します。就業時間①の開始日に日付を入力すると、就業時間②~⑤、及び就業日数が自動セットされます。
②の就業時間と日数 ①でセットされた就業期間に対して、連続した2か月間という様に期間を指定します。①でセットされた就業期間の就業日数の最終日+1日となるように、就業時間①の開始日に入力してください。入力後、就業時間②~⑤、及び就業日数が自動セットされます。
③の就業時間と日数 ①と②でセットされた就業期間に対して、連続して3か月間という様に期間を指定します。②でセットされた就業期間の就業日数の最終日+1日となるように、就業時間①の開始日に入力してください。入力後、就業時間②~⑤、及び就業日数が自動セットされます。
社会保険区分 スタッフマスタに登録されている社会保険区分を[未設定~免除]まで選択できます。まだ社会保険に加入していないスタッフに対し処理を行う事が目的の為、デフォルトは[未設定(空欄)][対象外]のみが選択されています。複数選択が可能です。
集計方法 集計方法を選択します。
1週間当たりの時間の集計基準を[所定時間]、[契約時間]、[実働時間]のいずれかで満たしているかを選択します。
配置ステータス スタッフの配置状況を指定できます。複数選択が可能です。
配置ステータスは[名称マスタ]で設定します。
支給出勤区分 支給出勤区分のうち、[通常出勤][有休(**)][調整][名称マスタで登録済の出勤区分]が選択可能です。

 

 

抽出結果[①②③][①②][①]

WS000002.png

項目名 項目説明
就業時間①-初回就業日 ①で指定した期間内で、支給確認チェック済みの最小就業年月日を表示します。
就業時間①-① ①タブの場合、①-就業時間①で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間①-② ①タブの場合、①-就業時間②で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間①-③ ①タブの場合、①-就業時間③で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間①-④ ①タブの場合、①-就業時間④で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間①-⑤ ①タブの場合、①-就業時間⑤で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間①-就業日数 ①タブの場合、①-就業日数で指定した期間の就業日数を表示します。
就業時間②-初回就業日 ②で指定した期間内で、支給確認チェック済みの最小就業年月日を表示します。
就業時間②-① ①②タブの場合、②-就業時間①で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間②-② ①②タブの場合、②-就業時間②で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間②-③ ①②タブの場合、②-就業時間③で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間②-④ ①②タブの場合、②-就業時間④で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間②-⑤ ①②タブの場合、②-就業時間⑤で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間②-就業日数 ①②タブの場合、②-就業日数で指定した期間の就業日数を表示します。
就業時間③-初回就業日 ③で指定した期間内で、支給確認チェック済みの最小就業年月日を表示します。
就業時間③-① ①②③タブの場合、③-就業時間①で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間③-② ①②③タブの場合、③-就業時間②で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間③-③ ①②③タブの場合、③-就業時間③で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間③-④ ①②③タブの場合、③-就業時間④で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間③-⑤ ①②③タブの場合、③-就業時間⑤で指定した期間の就業時間を表示します。
就業時間③-就業日数 ①②③タブの場合、③-就業日数で指定した期間の就業日数を表示します。
変更前の社会保険区分 該当スタッフの現在の社会保険区分を表示します。
処理実行後は変更後の社会保険区分を表示します。
変更前の処理予定年月 該当スタッフの現在の[スタッフマスタ]-[社保]-[社会保険処理予定年月]を表示します。
処理実行後は変更後の社会保険処理予定年月を表示します。
変更前の処理予定コメント  該当スタッフの現在の[スタッフマスタ]-[社保]-[社会保険処理予定備考]を表示します。
処理実行後は変更後の社会保険処理予定備考を表示します。
変更後の社会保険区分 変更後の社会保険区分を選択します。変更可能です。
抽出結果タブによりデフォルトでセットされる区分が下記の通り異なります。
【①】
1 ヶ月の勤務により取得要件を満たしていると思われますが、2 か月以内の契約期間の場合を考慮し、「対象外」を表示します。
【①②、①②③】
2か月または3か月連続の勤務により取得要件を満たしており、加入手続きが必要な為、[手続中]が自動セットされます。
変更後の処理予定年月 変更後の社会保険処理予定年月を指定します。変更可能です。
抽出条件で指定した就業時間①を基に、自動で年月が表示されますが、抽出結果タブにより表示される年月が下記の通り異なります。
【①】
[抽出条件]の①の就業時間①から、2 か月後(翌々月)の日付が自動セットされます。
【①②、①②③】
[抽出条件]の①の就業時間①から、31日後(翌月)の日付が自動セットされます。
変更後の処理予定コメント 変更後の社会保険処理予定備考を入力します。
デフォルトは[取得]がセットされますが、変更可能です。
※このコメントは[スタッフマスタ]-[社保]-[処理予定年月備考]を更新します。