法定調書合計表資料について

項目説明

WS000050.PNG

No 項目名 項目説明
年度 法定調書合計表資料の年度を指定します。

 

 

抽出結果

出力帳票は 帳票サンプルをご確認ください。

項目名 項目説明
区分:A 俸給、給与、賞与等の総額
人員 出力されているスタッフ人数から[課税区分]-[丙欄]となっている人数を引いた人数が出力されます。
税額のない者 [給与・賞与等の総額]-[徴収税額]が0円の人数が出力されます。
支払金額 [法定調書合計表]-[支払金額]の合計が出力されます。
源泉徴収税額 [法定調書合計表]-[源泉徴収税額]の合計が出力されます。
区分:A のうち、丙欄の日雇労務者の給与
人員 -
税額のない者 -
支払金額 [課税区分]が[丙欄]となっているスタッフの[給与・賞与等の総額]-[支払金額]合計が出力されます
源泉徴収税額 [課税区分]が[丙欄]となっているスタッフの[給与・賞与等の総額]-[徴収税額]合計が出力されます。
区分:B 源泉徴収票を提出するもの
人員 [源泉徴収票提出]にて、[提出あり]となっている人数が出力されます。
税額のない者 -
支払金額 [源泉徴収票提出]-[提出あり]となっているスタッフの、[給与・賞与等の総額]-[支払金額]と[中途入社]-[支払金額]の合計が出力されます。
源泉徴収税額 [源泉徴収票提出]-[提出あり]となっているスタッフの、[給与・賞与等の総額]-[徴収税額]と[中途入社]-[徴収税額]の合計が出力されます。
一覧
スタッフ NO 対象スタッフのスタッフ NO が出力されます。
スタッフ氏名 対象スタッフのスタッフ氏名が出力されます。
所属部門 対象スタッフの所属部門が出力されます。
課税区分 [スタッフマスタ]-[税金]-[課税区分]が出力されます。
年末調整区分 [スタッフマスタ]-[税金]-[扶養控除等]-[年末調整区分]が出力されます。
(給与・賞与等の総額)支払金額 [年末調整入力]-[給与・手当等][賞与等][調整収入]の[金額]部分の合計金額が出力されます。
(給与・賞与等の総)徴収税額 [年末調整入力]-[給与・手当等][賞与等][調整収入]の[税額]部分の合計金額が出力されます。
(中途入社)支払金額

[年末調整入力]-[中途収入]-[金額]の合計金額が出力されます。

(中途入社)徴収税額 [年末調整入力]-[中途収入]-[税額]の合計金額が出力されます。
年調年税額 [年末調整入力]-[年調年税額]が出力されます。
(法定調書合計表)支払金額 給与・賞与等の総額-支払金額と同金額が出力されます。
(法定調書合計表)源泉徴収税額 年調年税額-(中途入社)徴収税額の金額が出力されます。
源泉徴収票提出 源泉徴収票を提出する必要がある場合に[提出あり]と表示されます。
詳細は下記をご参照ください。

源泉徴収票提出部分に[提出あり]と表示される条件は下記の通りです。
①労保算定区分=役員または役員兼従業員、かつ、年末調整区分=する、かつ支払金額>150 万円
②課税区分=乙欄または丙欄、かつ、支払金額>50 万円
③労保算定区分=役員または役員兼従業員、かつ、退職年月日が該当年度、かつ、
支払金額>50 万円
④労保算定区分≠役員または役員兼従業員、かつ、支払金額>500 万円
⑤労保算定区分≠役員または役員兼従業員、かつ、年末調整区分=しない、かつ、
退職年月日が該当年度、かつ、支払金額>250 万円
⑥労保算定区分≠役員または役員兼従業員、かつ、年末調整区分=する、かつ、
退職年月日が該当年度、かつ、支払金額>500 万円
⑦支払金額>2000 万
※労保算定区分は[スタッフマスタ]-[雇保]
[課税区分][年末調整区分]は[スタッフマスタ]-[税金]で設定してください。