コンプライアンス帳票に[教育実施][苦情処理][雇用安定措置][キャリア・コンサルティング]のデータを出力したいです。

ID:1534

Q.コンプライアンス帳票に[教育実施][苦情処理][雇用安定措置][キャリア・コンサルティング]のデータを出力したいです。

 

A.以下設定を行うことでデータを出力することが出来ます。

テンプレートに反映させるための手順をご案内いたします。

  1. 苦情処理、雇用安定措置、キャリア・コンサルティング
  2. 教育訓練

 

 

苦情処理、雇用安定措置、キャリア・コンサルティング

以下フローに沿ってご説明いたします。
※今回は[苦情処理]を設定する場合を例にしてご説明いたします。

mceclip0.png

[システムマスタ]-[運用設定]-[コンプライアンス]で設定します。

[ツール]-[帳票設定]で設定します。

[連絡記録入力]を登録します。

[コンプライアンス帳票]を確認します。

 

[システムマスタ]-[運用設定]-[コンプライアンス]で設定します。

  1. [システムマスタ]-[運用設定]-[コンプライアンス]-[連絡記録(苦情処理)]に区分を選択します。
    項目は左から[連絡記録入力]-[連絡区分1][連絡区分2][連絡区分3]となります。
    ※区分の選択肢が存在しない場合は[連絡区分マスタ]から連絡区分の登録を行ってください。
  2. [登録(F2)]ボタンを押下します。

mceclip2.png

 

[ツール]-[帳票設定]で設定します。

  1. [帳票設定]-[連絡記録(苦情処理)を出力する]にチェックをつけます。
  2. [登録(F2)]ボタンを押下します。

mceclip3.png

 

[連絡記録入力]を登録します。

[連絡記録入力]で以下を行います。

  1. [[システムマスタ]-[運用設定]-[コンプライアンス]で設定します。]で設定した[連絡区分1~3]を選択します。
  2. [連絡内容]に苦情処理の内容を入力します。
  3. [登録(F2)]ボタンを押下します。

mceclip4.png

 

!注意!
以下内容が、各設定と一致しているかご確認ください。
一致している場合、[ツール]-[帳票設定]で設定したコンプライアンス帳票の[苦情処理]欄の出力対象となります。
異なる場合、コンプライアンス帳票には出力されません。

[システムマスタ]-[運用設定]-[コンプライアンス]で設定した、連絡記録の[連絡区分1][連絡区分2][連絡区分3]の項目が一致している。
mceclip5.png

案件入力の[案件管理 NO]と[基本単価・一括配置タブ]内の[スタッフ NO][スタッフ氏名]と一致している。
mceclip6.png

 

[コンプライアンス帳票]を確認します。

[[連絡記録入力]を登録します。]で登録した内容が帳票に反映しています。

mceclip7.png

 

 

教育訓練

[教育実施-操作ガイド]を参考にご対応ください。