退職処理について

概要

スタッフマスタの退職処理は、以下の場合に実行します。

  • 契約期間中にスタッフが退職する場合
  • 退職者に源泉徴収票を発行する場合
  • スタッフが死亡した場合

 

 

目次

 

項目説明

退職処理の流れ

WS000000.png

[勤怠入力]で勤怠の登録をします。

[給与計算処理]を行います。
[スタッフマスタ]で各種情報の更新をします。
各種帳票を出力します。

 

 

 

[勤怠入力]で勤怠の登録をします。

①[勤怠]-[勤怠入力]で退職日までの勤怠を登録します。
最終出勤日以降に有給休暇を取得する場合は、有休の登録もあわせて行ってください。
また、必要に応じて、賞与入力も完了させます。

WS000001.png

 

[給与計算処理]を行います。

②[給与賞与年調]-[給与計算処理]より給与計算を行います。

WS000000.png

 

[スタッフマスタ]で各種情報の更新をします。

①[スタッフマスタ]-[概要]-[退職年月日][退職理由][退職理由詳細]を入力します。

WS000002.png


②[スタッフマスタ]-[税金]-[扶養控除等]-[年末調整区分:しない]にします。

WS000003.png

NEO利用の場合、以下の作業を行います。
③[スタッフマスタ]-[住所]-[現在]-[メールアドレス1]を[スタッフマスタ]-[NEO]-[その他]-[メモ]に移動させ、空欄とします。
④[スタッフマスタ]-[NEO]-[その他]-[パスワード]を変更します。
③④を行うことでリマインダーでのログインを防止します。

WS000010.png

 

⑤エクスプレスのログイン設定をしている場合は、[スタッフマスタ]-[詳細]-[ログイン]-[パスワード][権限(操作)][権限(閲覧)][権限(更新)][権限(メール)]を空欄とします。

WS000006.png

 

⑥[登録(F2)]で退職処理を実行します。
退職処理を実行すると子画面が表示されます。
[OK]を押下すると、退職処理が実行されます。

!注意!
退職処理後、履歴基準日でスタッフマスタの履歴が自動で作成されます。
自動作成された履歴が最新履歴となり、入社年月日が削除(在籍なし)となります。
退職したスタッフの入社年月日を確認したい場合は、過去履歴をご参照ください。

 

Frame 3 (5).png

項目名 項目説明
履歴管理 固定で[する]となります。変更できません。
退職年月日 スタッフマスタより引き継がれます。変更できません。
履歴基準日 履歴管理の基準日を指定します。
最終給与締日または社会保険の資格喪失日のどちらか大きい日付+1 日を入力してください。
退職日以前の更新基準日は選択できません。
●退職処理の履歴
検索対象区分 退職前の検索対象区分を指定します。
退職理由種別 退職理由種別を選択します。
退職区分 スタッフマスタより引き継がれます。
退職理由詳細 退職理由詳細を入力します。
年末調整区分 退職により年末調整区分は、通常[しない]を選択します。
社会保険区分 スタッフマスタより引き継がれます。
健康保険資格喪失日 社会保険区分の対象者の場合は、初期値として退職年月日+1日がセットされます。
資格喪失区分 健康保険の資格喪失区分を選択します。
厚生年金資格喪失日 社会保険区分が対象者の場合は、初期値として退職年月日+1日がセットされます。
雇用保険区分 スタッフマスタより引き継がれます。
雇用保険資格喪失日 雇用保険区分の対象者の場合は、初期値として退職年月日がセットされます。
資格喪失区分 喪失区分を登録することで[雇用保険被保険者資格喪失届-帳票]-[喪失原因]に値が出力されます。
離職以外の理由:本人死亡など
・3以外の離職:自己都合退職など
・事業主の都合による離職:懲戒解雇など
●退職処理以降の履歴
検索対象区分 退職後の検索対象区分を指定します。
退職区分 退職処理の履歴と同じ値となります。
退職理由種別 退職処理の履歴と同じ値となります。
退職理由詳細 退職処理の履歴と同じ値となります。
年末調整区分 退職処理の履歴と同じ値となります。
社会保険区分 デフォルトは[対象外]となります。
雇用保険区分 固定で[対象外]となります。
入社年月日 画面には表示されていませんが、入社年月日がクリアされます。
有休起算日 画面には表示されていませんが、有休起算日がクリアされます。
有休項目をクリアする [スタッフマスタ]-[有休]に登録されている有休設定情報がクリアされます。
設定情報を残しておきたい場合は、チェックを外してください。
画面下部
有休残日数をすべて喪失する

有休日数が残っている[有休台帳]に、残日数分の[使用区分:喪失]データを登録し、有休残日数を0にします。
有休残日数を残したい場合は、チェックを外してください。

!注意!
勤怠が確定していない状態で退職処理を行う場合、チェックを外した状態で退職処理を実行してください。
勤怠確定後、有休喪失処理を行ってください。
実行時に更新されるデータ
有休残日数について 有休残日数が残っている場合、退職処理を実行すると使用日を退職日とし、[使用区分:喪失]となり、残日数分のデータが有休台帳に作成されます。
退職処理を取り消した場合は、有休台帳の修正も合わせて行ってください。
配置データについて 支給未確認、請求未確認の配置済データがある場合、配置ステータスを選択できます。[名称マスタ]-[勤怠]で、配置区分が[未配置]となっている配置ステータスが、プルダウンに表示されます。

 

■[履歴基準日]と[社保区分]について

●退職日が末日の場合
退職月分の社会保険料を控除する必要があるため、
履歴基準日以前の[社会保険区分:対象]、履歴基準日以降の[社保保険区分:対象外]にします。

・最終給与締日>社会保険資格喪失日の場合
履歴基準日は[最終給与締日+1日]の日付を入力してください。

・最終給与締日<社保資格喪失日の場合
履歴基準日は[社保資格喪失日+1日]の日付を入力してください。

●退職日が月途中の場合
退職月分の社会保険料の控除は不要のため、どちらの履歴も[社保区分:対象外]とします。

 

■雇用保険について

雇用保険は雇用保険の[資格喪失日]までが控除対象となります。
雇用保険の控除を行いたい場合、以下のように入力してください。
[スタッフマスタ]-[雇保]-[資格喪失日]
雇用保険区分:対象
資格喪失日:喪失日付

雇用保険区分を[対象外]としてしまうと、[資格喪失日]が入力されていても、
雇用保険の計算がされないため、ご注意ください。

 

⑦退職日以降に配置データが存在する場合、[配置]-[配置入力(日別)]で退職年月日以降のデータが[未配置]になっていることを確認します。

WS000008.png

 

⑧有休残日数があり退職処理でクリアした場合、有休残日数が0になっていることを[有休台帳]で確認します。
※[使用区分:喪失]データが登録され、有休残日数を0にします。

Frame 4 (1).png

 

各種帳票を出力します。

各種帳票を出力します。出力については以下のリンクをご確認ください。
源泉徴収票(退職者用)について
社会保険被保険者資格喪失届について
雇用保険被保険者資格喪失届について
雇用保険離職証明書について

 

 

死亡退職の場合

死亡退職の場合、死亡日と給与支給日によってスタッフの給与所得として扱う金額と、相続財産として扱う給与に分かれます。
詳しくは国税庁-死亡後に支給期が到来する給与についてご確認ください。

例)末日締翌月25日払
死亡日:10/15の場合
Frame 2 (48).png
[年末調整入力]-[中途・調整収入]-[調整収入]に源泉徴収対象外となる給与金額をマイナスで入力し、給与所得を源泉徴収対象月までの金額に設定する必要があります。
※所得税・社会保険料が発生していない場合は、金額のみマイナスしてください。
Frame 1 (74).png

退職処理の取消操作

  1. 退職処理を取り消したい該当スタッフの[スタッフマスタ]の[履歴期間]にて、退職日以降の履歴期間を選択し、[履歴結合(F8)]します。
    Frame 5 (4).png

  2. 履歴結合後、退職年月日や退職理由詳細等を手動で削除します。
    また、退職処理により[社保][雇保]タブ内も資格喪失日が置き換わっているのでこれも修正し、[登録(F2)]することで退職処理の取消操作が可能です。
    Frame 7.png
    Frame 8.png
  3. 登録後、就業ステータスが[退職]→[スタンバイ]へと変わり、退職処理の取消操作を完了したことが確認できます。
    Frame 6 (3).png