帳票設定-請求書

概要

[帳票種別]で[請求書]を選択すると[出力対象]の項目が表示されます。
[出力対象]の選択に応じて、表示される[帳票別項目]が変更されます。

WS000001.PNG

 

 

項目説明-目次

[出力対象]で以下を選択した場合は、[帳票別項目]が表示されます。

項目説明
[出力対象]を[勤怠]または[勤怠-日々紹介]とした場合
[出力対象]を[合計]または[合計-日々紹介]または[売上]とした場合

 

 

 

項目説明

[出力対象]を[勤怠]または[勤怠-日々紹介]とした場合

WS000012.png

 

項目名 項目説明
出力対象

印刷範囲外への出力対象を選択します。
勤怠の場合:勤怠入力で登録されている実績をベースに請求を行う場合はこちらを選択します。
勤怠-日々紹介の場合:取引区分が[日々紹介]で、明細を出力する場合はこちらを選択します。紹介手数料等が出力される形式の明細書です。

複数明細を出力する

チェックが入った状態でグレーアウトとなります。
詳細は[複数明細を出力する]をご参照ください。

1ページあたりの明細数

1ページあたりの明細数を入力します。最大明細数99明細となります。
印刷範囲外に指定した明細数を出力させ、そこからエクセル関数で新請求書明細に出力します。

出力項目

出力したい項目にチェックをつけます。
チェックをすることにより、その項目における詳細設定を行うことができるようになります。

項目名 項目説明
対象 出力したい項目に対してチェックを付けます。
項目名 出力対象で選択された項目により設定される出力条件項目名を表示します。
※固定表示項目ですので、追加・変更・削除は行えません
並び順 対象にチェックした項目に対して、出力順の順番を入力します。この並び順は必須入力項目です。
昇順/降順 対象にチェックした項目に対して、出力の並びを昇順または降順を選択します。
※複数の項目に昇順/降順設定している場合は、並び順の順に昇順/降順の設定が適用されます。
オプション 対象にチェックした項目に対して、オプションの設定が可能な項目のみ選択します
※[勤怠NO]のみ選択可能です。出力は[スタッフNO][就業年月日][勤怠 NO]の3項目を選択時のみ可能です。
集計区分 [する]を選択した場合:集計する項目ごとに合計値が出力されます。
改シート 対象にチェックした項目に対して、項目値が変わった時点で新たなシートに出力するかどうかを選択します。
シート名 対象にチェックした項目に該当するNOをシート名として出力する文字数を入力します。シート名を複数項目設定した場合の出力される順番については、並び順で入力された順番で出力されます。
※最大文字数は 1 シート最大15文字となっています。
合計行出力

請求書明細パターンごとに合計行を出力するかしないかを選択します。
[する]を選択した場合:各新請求書明細パターンの最終シートの最終行に合計行が出力されます。

請求月額出力 [出力項目]-[スタッフNO]にチェックがある場合、選択可能です。
各シートの印刷範囲外に[管理NO][処理年月日][請求先NO][スタッフNO][スタッフ名][請求項目][請求項目名][金額][摘要][案件管理NO][案件部門]を出力します。
出力対象補正 チェックを付ける:請求計算時の補正行を出力します。

 

[出力対象]を[合計]または[合計-日々紹介]または[売上]とした場合

WS000013.png

 

項目名 項目説明
出力対象

印刷範囲外への出力対象を選択します。
勤怠の場合:勤怠入力で登録されている実績をベースに請求を行う場合はこちらを選択します。
勤怠-日々紹介の場合:取引区分が[日々紹介]で、明細を出力する場合はこちらを選択します。紹介手数料等が出力される形式の明細書です。

複数明細を出力する

チェックが入った状態でグレーアウトとなります。
詳細は[複数明細を出力する]をご参照ください。

1ページあたりの明細数

1ページあたりの明細数を入力します。最大明細数99明細となります。
印刷範囲外に指定した明細数を出力させ、そこからエクセル関数で新請求書明細に出力します。

出力項目

出力したい項目にチェックをつけます。
チェックをすることにより、その項目における詳細設定を行うことができるようになります。

項目名 項目説明
対象 出力したい項目に対してチェックを付けます。
項目名 出力対象で選択された項目により設定される出力条件項目名を表示します。
※固定表示項目ですので、追加・変更・削除は行えません
並び順 対象にチェックした項目に対して、出力順の順番を入力します。この並び順は必須入力項目です。
昇順/降順 対象にチェックした項目に対して、出力の並びを昇順または降順を選択します。
※複数の項目に昇順/降順設定している場合は、並び順の順に昇順/降順の設定が適用されます。
オプション 対象にチェックした項目に対して、オプションの設定が可能な項目のみ選択します
※[勤怠NO]のみ選択可能です。出力は[スタッフNO][就業年月日][勤怠 NO]の3項目を選択時のみ可能です。
集計区分 [する]を選択した場合:集計する項目ごとに合計値が出力されます。
改シート 対象にチェックした項目に対して、項目値が変わった時点で新たなシートに出力するかどうかを選択します。
シート名 対象にチェックした項目に該当するNOをシート名として出力する文字数を入力します。シート名を複数項目設定した場合の出力される順番については、並び順で入力された順番で出力されます。
※最大文字数は 1 シート最大15文字となっています。
合計行出力

請求書明細パターンごとに合計行を出力するかしないかを選択します。
[する]を選択した場合:各新請求書明細パターンの最終シートの最終行に合計行が出力されます。

請求月額出力 [出力項目]-[スタッフNO]にチェックがある場合、選択可能です。
各シートの印刷範囲外に[管理NO][処理年月日][請求先NO][スタッフNO][スタッフ名][請求項目][請求項目名][金額][摘要][案件管理NO][案件部門]を出力します。