出勤区分・出勤定義について

概要

勤怠の出勤率や出勤日数、給与計算・請求計算に必要となる出勤区分・出勤定義についての説明を行います。

[出勤区分]

スタッフの出勤状況を表す勤務区分です。
[システムマスタ]-[運用設定]-[勤怠]-[使用する出勤区分]で使用する出勤区分を用意します。
初期設定で使用できる出勤区分については[出勤区分(標準)について]をご確認ください。
また、[名称マスタ]-[勤怠]-[カテゴリ:出勤区分]で任意の出勤区分を作成することが可能です。

 

[出勤定義]

任意で作成した出勤区分がどの勤務区分となるかを設定します。
有休扱いにしたい特別休暇(以下:特休)がある場合は、以下のように設定します。
例)特休・特休(有給)を作成したい場合WS000055.PNG
出勤定義の一覧については[名称マスタの出勤区分で設定できる出勤定義一覧]をご確認ください。

 

項目説明

出勤区分(標準)について

[システムマスタ]-[運用設定]-[勤怠]-[使用する出勤区分]で選択出来る出勤区分の一覧です。

出勤区分 説明
通常出勤

通常の出勤の場合に設定します。
支給基本単価×実働時間で金額が計算されます。

欠勤 欠勤の場合に選択します。
金額計算はされません。
有休(1日) 有休(1日)の場合に選択します
※請求出勤区分では選択できません。
通常出勤と同様の金額が計算されます。

調整

本来出勤ではない日に出勤した等、通常出勤と区別をしたい場合に選択します。
法定内休出

法定内休日出勤の場合に選択します。
法定内休出単価×実働時間で金額が計算されます。

法定外休出 法定外休日出勤の場合に選択します。
法定外休出単価×実働時間で金額が計算されます。
特休 産休や育休など、出勤率の算出に含まれない休暇の場合に選択します。
勤怠入力の金額の変更は出来ません。
有休(半日) 半日の有休や時間休の場合に選択します。
※請求出勤区分では選択できません。
有休(7時間)
有休(6時間)
有休(5時間)
有休(4時間)
有休(3時間)
有休(2時間)
有休(1時間)
代休 代休の場合に選択します。
代休(半日)
振休 振替休日の場合に選択します。
法定内休日 法定内休日の場合に選択します。
法定外休日 法定外休日の場合に選択します。
公休 会社が労働を免除した休日の場合に選択します。



名称マスタの出勤定義について

[名称マスタ]-[勤怠]-[カテゴリ:出勤区分]-[出勤定義]で選択できる定義一覧です。

出勤定義 説明
特休(有給)

有休扱いとする会社独自の特別休暇の場合設定します。
有休(***)と同様の扱いとなります。

通常出勤

単価の計算については上述の[出勤区分(標準)について]と同様です。

欠勤
法定内休出

法定外休出

特休
代休
振休
公休