エクスプレスはインボイス制度に対応していますか。

ID:7000

Q.エクスプレスはインボイス制度に対応していますか。

 

A.対応しています。
  要件を満たした請求書を出力することができます。

インボイス制度とは?
エクスプレスの請求書はインボイスに対応
適格請求書を出力するための設定は?
PARTNER+の利用で請求書の保管も確実に

 

 

インボイス制度とは?

2023年10月から導入される、新しい仕入税額控除の方式のことを言います。
一定の要件を満たした適格請求書(インボイス)を売り手が買い手に発行し、双方が適格請求書を保存することで、消費税の仕入税額控除が適用されるようになります。

詳細は国税庁リーフレット[免税事業者のみなさまへ 令和5年10月1日からインボイス制度が始まります!]をご参照ください。

 

 

エクスプレスの請求書はインボイスに対応

インボイス制度では「適格請求書(インボイス)」を発行する必要があります。
適格請求書には以下の記載事項が定められており、エクスプレスではその記載事項に対応した請求書を発行することができます。

適格請求書の記載事項 ※下図の番号と連動しています。
①適格請求書発行事業者の氏名または名称 および 登録番号
②取引年月日
③取引内容(軽減税率の対象品目である旨)
④税率ごとに区分して合計した対価の額(税抜または税込) および 適用税率
⑤税率ごとに区分した消費税額等
⑥書類の交付を受ける事業者名の氏名または名称

※詳細は[請求書]のマニュアルをご参照ください。

▼エクスプレスで出力される請求書(1枚目:鑑 2枚目:売上明細)
WS000281.PNGWS000282.PNG

適格請求書を出力するための設定は?

エクスプレスで適格請求書を出力するためには、請求計算を行う前に以下2つの設定が必要です。

①登録番号の設定
登録番号とは、適格請求書発行事業者の登録を受けた場合に通知される番号のことを言います。
適格請求書に登録番号が出力されるように、[法人マスタ]-[基本情報]-[登録番号]に登録しておきます。
WS000283.PNG


②消費税計算の設定
インボイス制度では、税率ごとに区分した消費税額を計算する必要があります。
エクスプレスで上記の計算をを行うためには、[得意先マスタ]-[算出]-[計算/端数処理]-[消費税計算単位][請求書(適格請求書単位)]と設定します。
[得意先マスタのインポート]機能で、複数得意先の設定を一括更新することもできます。WS000280.PNG

 

PARTNER+の利用で請求書の保管も確実に

人材受入会社向けサービス PARTNER+には請求管理の機能があり、人材会社から発行された請求書はPARTNER+に保管され続けます。
PARTNER+をご利用いただくことで、買い手(人材受入会社)側の請求書保管を確実にすることができます。
※PARTNER+のご利用をご検討の方は[PARTNER+がリリースされました!]をご参照ください。