PARTNER+切替-EXPRESS整備

概要

PARTNER+に切替える前に、人材会社様は[得意先マスタ]を整備する必要があります。整備内容に過不足があるとPARTNER+へ切替えが出来ませんので、[切替お申込み]前に必ず[PARTNER→PARTNER+コンバート]で整備内容の確認をお願いします。

 

 

目次

 

 

[得意先マスタ]の整備

人材会社様にて、[得意先マスタ]を整備していただきます。

  1. [得意先マスタ]-[詳細]-[PARTNER]-[使用:する]で登録している得意先マスタが整備対象となります。
    WS000267.png

    ◎参考◎
    法人番号を持たない人材受入会社様(個人事業主など)の対応につきましては[PARTNER+切替-個人事業主の場合]をご確認ください。

     

  2.  得意先NOとグループ先NOが同じの場合、法人番号を設定します。
    法人番号は国税庁法人番号公表サイトで確認する事ができます。
    得意先NOとグループ先NOが違う場合、法人番号は不要です。
    Frame 1 (91).png

    ◎参考◎
    ご希望のお客様には、得意先マスタ登録データをもとにエスアイ・システムで法人番号を調査いたします。調査依頼ご希望の場合は、弊社サポートセンターまでお問合せください。

     

  3. 整備対象の得意先マスタに、以下の登録を行います。
    PARTNER+に引き継ぐ事業所名を設定します。初期値には[得意先名2、3]がそれぞれ自動的に引き継がれます。切替事業所名の設定によって、[PARTNER+]-[事業所設定]への移行パターンが変わります。
    詳しくは、[登録パターン]をご確認ください。

    Frame 3 (39).png

    No 項目名 登録必須 項目説明
    PARTNER+切替事業所名2 任意

    PARTNER+へ移行する事業所名となります。
    初期値に[得意先名2~3]が登録されています。
    PARTNER+に移行させる名称を変更したい場合は、変更してください。

    PARTNER+切替事業所名3

 

 

登録パターン

登録パターンを以下に記載していますので、得意先マスタの登録内容にあった設定を行ってください。

 

 

1:得意先をそれぞれ別のPARTNER+へ移行する場合

得意先を別々のPARTNER+へ移行する場合、グループ先NO、法人番号を登録する必要があります。
例)法人番号は同じだが、それぞれ別のグループ先NOを設定している場合

得意先NO グループ先NO 法人番号 得意先名 得意先名2 得意先名3 PARTNER+
切替事業所名2
PARTNER+
切替事業所名3
100-000 100-000 1111… (株)東京        
110-000 110-000 1111… (株)東京 本社        
110-001 110-001 1111… (株)東京 本社 経理課        

Frame 14 (2).png

【PARTNER+】へはそれぞれ別のPARTNER+の事業所として登録されます。
Frame 21 (1).png

PARTNER+ 事業所NO 法人番号 事業所名1 事業所名2 事業所名3
1111…-01 000 1111… (株)東京    
1111…-02 000 1111… (株)東京 本社    
1111…-03 000 1111… (株)東京 本社 経理課    

 

2:得意先を1つのPARTNER+へ移行し、複数の事業所として登録する場合

1つのPARTNER+に複数の事業所として得意先を登録したい場合、グループ先NOを揃えます。
またPARTNER+切替事業所名2、3に登録します。
法人番号はグループ先NOに設定されている得意先にのみ登録が必須となり、PARTNER+事業所の法人番号に引き継がれます。
そのほかの得意先情報には登録は不要ですが、グループ先NOの法人番号以外を移行したい場合は、法人番号を登録してください。

得意先NO グループ先NO 法人番号 得意先名1 得意先名2 得意先名3 PARTNER+
切替事業所名2
PARTNER+
切替事業所名3
100-000 100-000 1111… (株)東京        
100-001 100-000   (株)東京支店         
110-000 100-000   (株)東京  本社   本社  
110-001 100-000 2222.… (株)東京  本社 経理課 本社 経理課

Frame 14 (2).png

【PARTNER+事業所設定】に以下の事業所として登録されます。
Frame 15.png

事業所NO 法人番号 事業所名1 事業所名2 事業所名3
000 1111… (株)東京    
001 1111… (株)東京 本社  
002 2222.… (株)東京  経理課  

 

!注意!
[得意先名1]が違う場合でも、[グループ先NO]が同じ、かつPARTNER+切替事業所名2、3が同じだった場合、1つの事業所としてPARTNER+へ移行されます。分けたい場合は、以下のように設定して下さい。

得意先NO グループ先NO 法人番号 得意先名1 得意先名2 得意先名3 PARTNER+
切替事業所名2
PARTNER+
切替事業所名3
100-000 100-000 1111… (株)東京        
100-001 100-000   (株)東京支店         

Frame 14 (2).png

得意先NO グループ先NO 法人番号 得意先名1 得意先名2 得意先名3 PARTNER+
切替事業所名2
PARTNER+
切替事業所名3
100-000 100-000 1111… (株)東京        
100-001 100-000   (株)東京  支店   支店  

 

 

3:得意先を1つのPATNER+、かつ1つの事業所として移行する場合

を[PARTNER+の事業所設定]では1つにまとめたい場合、[切替事業所名2、3]を揃えます。

得意先NO グループ先NO 法人番号 得意先名 得意先名2 得意先名3 PARTNER+
切替事業所名2
PARTNER+
切替事業所名3
100-000 100-000 1111… (株)東京        
110-000 100-000   (株)東京  本社      
110-001 100-000   (株)東京  本社 経理課    

Frame 14 (2).png

【PARTNER+事業所】は以下となります。
Frame 16.png

事業所NO 法人番号 事業所名1 事業所名2 事業所名3
000 1111… (株)東京    

 

 

4:得意先を1つのPARTNER+、かつ1部の得意先を1つの事業所として移行する場合

1つのPARTNER+に得意先を移行する際に、1部の得意先を1つの事業所として登録したい場合、グループ先NOを同じに設定し、まとめたい得意先の[切替事業所名2、3]を揃えます。

得意先NO グループ先NO 法人番号 得意先名 得意先名2 得意先名3 PARTNER+
切替事業所名2
PARTNER+
切替事業所名3
100-000 100-000 1111… (株)東京        
110-000 100-000 1111… (株)東京  本社    本社  
110-001 100-000 2222… (株)東京  本社 経理課  本社  
110-001 100-000 3333… (株)東京 品川支店 営業部  品川支店 営業部 

Frame 14 (2).png

【PARTNER+事業所】は以下となります。
Frame 17.png

事業所NO 法人番号 事業所名1 事業所名2 事業所名3
000 1111… (株)東京    
001 1111… (株)東京 本社  
002 3333… (株)東京 品川支店 営業部

 

!注意!
まとめた[得意先]の法人番号が違う場合、[得意先NO]が若い番号に登録されている法人番号が移行されます。

 

[PARTNER担当者マスタ]の整備

PARTNER+へ移行した際、[得意先マスタ]-[詳細]-[PARTNER]-[使用:する]となっている得意先に紐づく[PARTNER担当者マスタ]の情報が[PARTNER+]-[利用者設定]に引き継がれます。
[得意先マスタ]-[詳細]-[PARTNER]-[使用:する]となっている得意先に紐づく担当者がいない場合、チェックツールでエラー対象となりますので、必ず登録を行ってください。
Frame 9 (7).png

担当者の権限引き継ぎに関しては[PARTNERデータ引き継ぎ項目一覧]をご確認ください。

 

[PARTNER→PARTNER+コンバート]で確認

人材会社様にて、整備した[得意先マスタ]の情報に過不足がないか、[PARTNER→PARTNER+コンバート]で確認していただきます。

①[ツール]-[PARTNER→PARTNER+コンバート]を選択します。
WS000313.png

②[移行確認]ボタンを選択し、チェック結果を確認します。
Frame 12 (7).png

③準備が不足している場合は不足箇所を一覧で表示します。一覧に表示された内容を確認し、得意先マ
スタの登録を修正してください。
※[内容コピー]ボタンを選択するとクリップボードに一覧の内容がコピーされますので、Excel等に一
覧内容を貼り付けすることが出来ます。(
Frame 10 (6).png

④「PARTNER+への移行が可能です!!」のメッセージが表示されましたら、EXPRESS事前準備は完了
となります。[内容コピー]ボタンを選択するとクリップボードに一覧の内容がコピーされますので、
Excel等に一覧内容を貼り付けてPARTNER+へ移行が完了するまで控えておいてください。
Frame 11 (3).png