案件入力-その他-運用方法-休憩時間の管理方法

概要

[勤怠入力]での休憩時間の管理方法について、以下から選択します。

項目 項目説明
休憩時間帯 勤怠管理の際、休憩時間を「12:00~13:00」など、休憩を取った時間帯で管理したい場合に選択します。
休憩時間数 勤怠管理の際、休憩時間を「1時間」など、休憩を取った時間数で管理したい場合に選択します。

Frame 5 (40).png

 

 

休憩時間帯を選択した時の動き

[案件入力]-[その他]-[運用方法]-[休憩時間の管理方法]を[休憩時間帯]とした場合、[NEO勤怠申請]に[休憩時間帯]の項目が表示されます。           

Frame 2 (85).png

 

申請された休憩時間帯は、[勤怠入力]-[休憩時間帯]に反映します。
[休憩時間帯]をもとに各種休憩時間が自動算出されるため、[基本休憩時間][残業休憩時間][深夜休憩時間]は不活性となります。
Frame 3 (32).png

 

◎参考◎
スタッフが[NEO勤怠打刻]で勤怠申請をした場合、[勤怠入力]-[○○休憩時間]は、打刻した時間と休憩時間帯から休憩時間数を算出し反映します。
Frame 7 (29).png

 

休憩時間数を選択した時の動き

[案件入力]-[その他]-[運用方法]-[休憩時間の管理方法]を[休憩時間数]とした場合、[NEO勤怠申請]で[基本休憩時間][残業休憩時間][深夜休憩時間]が入力できるようになります。
([休憩時間帯]の項目は表示されません)
初期値は[案件入力]-[就業条件]-[就業条件1]-[基本休憩]の登録値です。

Frame 1 (54).png

 

申請された休憩時間帯は、[勤怠入力]-[基本休憩時間][残業休憩時間][深夜休憩時間]に反映します。
[基本休憩時間][残業休憩時間][深夜休憩時間]は修正が可能です。
Frame 4 (30).png

 

!注意!
スタッフが[NEO勤怠打刻]で勤怠申請をした場合、[勤怠入力]-[○○休憩時間]には[案件入力]で登録した休憩時間数を反映します。
Frame 6 (34).png
遅刻・早退などで休憩時間を取っていない場合や休憩時間数に変更がある場合は、[NEO勤怠申請]から修正を行っていただく必要があります。