請求合算キー区分について

概要

[請求合算キー区分]は、通常の動き(同一請求先の案件を全て纏めて請求計算をする)とは異なる動き(請求先からの要望等で特定案件のみ単独で請求計算を実施したい場合、等)で請求計算を行いたいときに利用する機能です。

 

 

目次

全体の流れ
設定方法

 

 

全体の流れ

請求合算キーについて (2).png

 

 

設定方法

[請求合算キー区分][請求合算キー]が設定できる箇所

以下で請求合算キー区分の設定ができます。

[得意先マスタ]-[請求]-[請求合算キー区分]
[案件入力]-[F8:補足情報]-[請求]-[請求合算キー区分][請求合算キー]

 

[請求合算キー区分]の種類

■設定なし
[案件入力]-[F8:補足情報]-[請求]-[請求合算キー]に登録している文字列ごとにグルーピングされ、請求計算処理が行えます。
[請求合算キー区分:設定なし][請求合算キー:ブランク]の場合、通常の動き(同一請求先の案件を全て纏めて請求計算をする)となります。
(例)
WS000327.png

■就業現場
[案件入力]-[就業現場NO]が同じ案件同士でグルーピングされ、請求計算処理が行えます。
(例)
WS000328.png

■案件管理枝番
[案件管理枝番]ごとにグルーピングされ、請求計算処理が行えます。
(例)
WS000329.png

■案件管理親番
[案件管理親番]ごとにグルーピングされ、請求計算処理が行えます。
(例)
WS000330.png

■取引区分
[案件入力]-[取引区分]ごとにグルーピングされ、請求計算処理が行えます。
(例)
WS000331.png