マイナンバーのインポートについて

概要

スタッフエクスプレスでは、個人番号(マイナンバー)データを取込(インポート)することができます。

マイナンバーインポート機能では、12桁の個人番号および、本人確認資料を使用します。特定個人情報ファイルの取扱いは十分注意してて取扱い願います。
機能としてご提供いたしますが、お客様の責任で実施していただきますのでご了承ください。

!注意!
マイナンバーデータをインポート前の状態に戻す機能はありません。
そのため、インポート前の状態に戻すことができるよう、インポートする前に
バックアップをするなどして不慮の事故に備えてください。

インポート可能なデータは、次の条件を満たしている必要があります。
(Excelで作成される方は特に気にする必要はございません)
・1データを1行で記述し、行末は改行コードであること
・1データの各項目を[半角のカンマ(,)]で区切ること
・1データの各項目の順番は、全ての行で同一であること

 

 

目次

マイナンバーのインポート機能の起動方法
   ・マイナンバー管理画面
   ・パスワード画面
マイナンバーのインポートについて
   ・マイナンバーインポート画面
   ・マイナンバーのインポートの手順
   ・インポートでエラーが発生した場合
   ・インポート時のエラーについて
インポートの各項目について



マイナンバーのインポート機能の起動方法

提供したファイルを適宜配置し条件を満たしている場合に、マイナンバー管理画面のインポートが利用可能になります。

 

マイナンバー管理画面

Frame 1 (35).png

項目名 項目説明
F6:インポート マイナンバーのインポート画面を表示します。

 

 

パスワード画面

Frame 2 (16).png

No 項目名 項目説明
パスワード 有効なパスワードを入力します。
※パスワードについてはサポートセンターよりご連絡します。
また、パスワードはコピー&ペーストでの入力は行えません。直接入力をお願いします。
OK 入力したパスワードが有効な場合にマイナンバーのインポート画面またはエクスポート画面を表示します。
キャンセル 当画面を閉じて、マイナンバー管理画面へ戻ります。

 

 

マイナンバーのインポートについて

マイナンバー管理画面のインポートボタン押下で、マイナンバーのインポート画面を表示します。

 

マイナンバーインポート画面

Frame 3 (6).png

 

No 項目名 項目説明
取込ファイル インポートを行うファイルを指定します。
[▼]クリックでファイル指定画面が表示されます。
取込行範囲 取込行範囲の指定が可能です。取込行範囲(開始)は、インポートファイルの読込開始行を入力します。1 行目が項目名の場合は、[取込行範囲(開始)]を[2]にしてください。
上書きする チェックOFF(上書きしない)のとき、インポートファイル読み込み時にデータが既に登録されていた場合、エラーと判定し処理を終了します。
取込される項目名 取込される項目が一覧表示されています。こちらに表示されている項目がインポートする項目となります。
尚、取込される項目名の並び順は固定で、インポート元ファイル(Excel・CSV ファイル)は、画面のNOのA~K列の並び順で列を用意する必要があります。また、取込む値がない項目についても列を用意し、値は空欄とする必要があります。
F2:実行 インポートを実行します。
F12:終了 当画面を終了します。

 

 

マイナンバーのインポートの手順

例)マイナンバーのインポートを CSV ファイルで行う場合

1.マイナンバー管理画面よりインポート画面を開きます。
2.取込ファイルの[▼]をクリックし、取込対象の CSV ファイルを選択します。
Frame 4 (11).png
3.[取込される項目名]と、取込対象のインポートファイルの項目数・並び順が完全に一致しているかを        確認します。
      ※ データ1行目の項目名まで完全に一致させる必要はありません。
      ※ エクスポートの場合は、[取込]を[出力]と読み換えてください。
4. 実行(F2)ボタンをクリックし、インポートを実行します。


インポートでエラーが発生した場合

インポートでエラーが発生した場合、結果画面にエラー内容を表示します。
Frame 5 (9).png

No 項目名 項目説明
正常読み込み 正常にインポートが完了した件数
読み飛ばし データに不備があり、インポートされなかった件数
エラー内容 行NO~詳細を元にエラー原因を確認し、インポートファイルを修正願います。
※各項目の形式を掲載した一覧を参考に、形式を正しく設定してください。
別途資料の参照先は[インポート各項目について]に記載しています。
F10:コピー 表示中の内容をコピーすることが可能です。

 

 

インポート時のエラーについて

インポート時にエラーとなる原因で最も多いのは、各項目の形式が誤っている場合です。
エラーとなった場合、下記に該当していないか、ご確認ください。

No エラー内容
・取込する項目の数が一致していない
⇒ インポートファイルと、取込項目の列数は一致している必要があります。
・取込する項目の並びが一致していない
⇒ インポートファイルと、取込項目の並び順は一致している必要があります。
・取込する必須項目の値が設定されていない
・必須項目の値が未設定となっている
⇒ 各項目の形式を掲載した一覧を参考に、形式を正しく設定してください。
別途資料の参照先は[インポート各項目について]に記載しています。
・取込する項目の形式が合っていない
・数値項目に文字やスペースなどが含まれている。
⇒ 各項目の形式を掲載した一覧を参考に、形式を正しく設定してください。
別途資料の参照先は[インポート各項目について]に記載しています。
・取込する項目の桁数が不正
・値の桁数が上限値を超えている。
⇒ 各項目の形式を掲載した一覧を参考に、形式を正しく設定してください。
別途資料の参照先は[インポート各項目について]に記載しています。
・スタッフNOがスタッフマスタに登録されていない
⇒ スタッフマスタに登録されていない値は、インポートできません。
・家族NOが家族情報に登録されていない
⇒ スタッフマスタの家族情報に登録されていない値は、インポートできません。
・取込するExcelのセルに計算式・参照式が設定されている
⇒ 計算式や参照式が設定されていると、インポートできません。
・取込するExcelのセル範囲外に余計な値が入力されている
⇒ セル範囲外の行または列全体を削除してください。 
・取込する Excel にシートが複数存在する。
⇒ 先頭のシートのみが取込対象となります。 
Excelファイルで取込を行う際、最終項目が空の場合に[指定項目が足りません]のエラーが発生する事があります。
⇒ 行全体を削除してください。

 

 

インポートの各項目について

インポートを行う際は、各項目の形式が正しく設定されている必要があります。
各項目の形式は、[マイナンバーのインポート/エクスポート項目]からご確認ください。