「3年以上継続した配置ができません」のアラートが表示されます。

ID:7067

Q.「3年以上継続した配置ができません」のアラートが表示されます。

無期雇用社員の案件の更新する際、「3年以上継続した配置ができません」のアラートが出てしまいます。
WS000042.PNG

 

A.いくつかの原因が考えられるため、下記項目に該当するかをご確認ください。

原因

配置したいスタッフが下記に当てはまる場合は、就業期間が3年を超える案件に配置することができません。 

  • 派遣法改正後(2015/09/30より後)の案件に配置されている。
  • 案件の「取引区分」(管理フォーマット)が「派遣」「紹介予定派遣」になっている。
  • [案件入力]-[就業条件]-[派遣]もしくは[紹介予定派遣]の「期間制限の有無」が「短」「完」「育」「介」のいずれかに該当しない。
  • [スタッフマスタ]-[概要]タブの[有期無期雇用]が「有期」となっている。
  • 就業開始日の時点で、年齢が60歳以下のスタッフである。

 

対処方法

対処方法について、以下のいずれかでご対応ください。

  • 就業期間が誤っている場合は、就業期間を3年未満に変更する。
  • [案件入力]-[就業条件]-[派遣]もしくは[紹介予定派遣]タブの「期間制限の有無」が「短」「完」「育」「介」に当てはまる場合、正しく入力する。 WS000066.PNG
  • 該当スタッフが無期雇用の場合は、[マスタ]-[スタッフマスタ]-[概要]タブの「有期無期雇用」の「…」ボタンを押下し、「有期無期区分」を「無期」に変更する。スクリーンショット 2023-11-15 100042.png

◎参考◎
[システムマスタ]-[運用設定]-[案件]-[派遣法改正チェック:警告もしくは中断]と設定している場合にアラートが出ます。

!注意!
該当スタッフが有期雇用の場合は、個人抵触日に該当していないか確認する必要があります。