補正処理-請求項目補正について

概要

エクスプレスは[請求台帳][勤怠入力]で請求項目(税込)の消費税額の算出方法が下図のように異なっています。
上記の差額を埋めるため、[請求計算処理]実行時に補正処理が行われます。

算出方法の違い
Frame 1 (78).png

 

 

目次

 

 

補正の発生条件

条件①税込の請求が存在すること

[名称マスタ]-[請求]-[課税区分]が[税込]で設定されている請求項目が0円以上の場合、条件②に合致すると補正処理が行われます。

Frame 3 (54).png

 

条件②請求台帳と勤怠入力で消費税額の差額が発生すること

[請求台帳]と[勤怠入力]で消費税額の算出方法が以下の通り異なります。
算出方法の違いによって消費税額に差額が発生した時、補正処理が行われます。

例)税込の請求が以下の通りあった場合
 ・日額交通費:¥224/日
 ・6就業日で上記の請求が発生:請求合計額(税込)¥1,344

■請求台帳
請求項目の合計額から消費税が算出されます。
Frame 2 (70).png

 

■勤怠入力
日ごとの請求金額を消費税率で割った金額が[消費税]の金額に含まれます。
Frame 4 (52).png

上記例の場合、

  • [請求台帳]-[交通費日額]の消費税合計額 ¥122
  • [勤怠入力]-[交通費日額]の消費税合計額 ¥120

¥2の差額が発生します。

 

 

勤怠入力画面(補正処理後)の表示について

補正の発生条件を満たした時、[請求計算処理]を実行すると[請求台帳]の消費税額と一致するよう補正処理が行われます。(補正処理画面は表示されません)

[請求計算処理]後、[勤怠入力]に自動で[補正(請求項目)]という補正行が追加されます。
Frame 5 (35).png

 

どの勤怠に補正が入るのか?

該当月の勤怠を[取引区分]および[案件部門]で集計します。
集計の結果、課税金額が一番大きい勤怠に補正行を追加します。

例)請求金額が¥200,000の請求先の場合

Frame.png

◎参考◎
内訳の請求金額が同額の場合は、勤怠NOが大きい勤怠に補正処理が入ります。