令和6年定額減税 特設サイト

 

改修背景

令和6年分所得税について定額による所得税の特別控除(以下、定額減税)の「月次減税」に対応いたします。定額減税の制度詳細につきましては、[国税庁 定額減税 特設サイト]をご確認ください。

◎参考◎
今回リリースした定額減税対応プログラムは「月次減税」のみです。
「年調減税」に対応したプログラムにつきましては、2024年中にリリース予定です。

 

 

運用の流れ

Frame 6 (8).png

Group 49 (1).png

新機能である[スタッフ別定額減税額計算]と[定額減税結果一覧]を使用するために、以下設定を行います。

 

Group 41 (1).png

月次減税額の自動算出・登録のため、スタッフマスタの以下データを整備します。

  • [スタッフマスタ]-[概要]-[入社年月日]
  • [スタッフマスタ]-[概要]-[退職年月日]
  • [スタッフマスタ]-[税金]-[課税区分]
  • [スタッフマスタ]-[税金]-[家族]-[所得税扶養]、[扶養区分]、[同居区分]、[所得見積額(年)]

◎参考◎
月次減税の控除対象者と定額減税額の算出方法につきましては、[国税庁 給与等の源泉徴収事務に係る令和6年分所得税の定額減税のしかた]をご確認ください。

 

Group 42 (2).png

以下いずれかの方法で[令和6年月次減税額]を登録します。

◎参考◎
月次減税額を登録すると、給与計算実行時、自動的に減税が行われるようになります。
5月の給与計算後に本対応を行ってください。
減税開始時期を6月以降とする場合は、直前の給与計算が終わってから本対応を行ってください。

 

Group 43 (2).png

6月以降に支給される給与・賞与で定額減税計算を自動で行います。
自動計算された定額減税額は、[控除]-[所得税調整]と[その他]-[コメント3]に登録されます。Frame 12 (2).png

Frame 13 (1).png

給与・賞与の明細書に定額減税額を表示します。Frame 14 (2).png

定額減税の控除金額が[令和6年定額減税額]に登録している金額に達するまで、給与・賞与で定額減税計算を自動で行います。

 

Group 44 (2).png

[定額減税結果一覧]で、定額減税の控除累計・控除金額残を一覧で確認できます。

◎参考◎
[令和6年定額減税対象期間(支給日)]で指定している期間内の給与・賞与のみ、定額減税額を控除します。

 

 

その他の改修

定額減税に関わるその他の改修につきましては、[月次減税-その他の改修]をご確認ください。

 

 

ウェビナーアーカイブ

2024/05/16(木) 「令和6年度税制改正による定額減税」リリースウェビナーのアーカイブはこちら

 

 

FAQ

定額減税のFAQはこちら