留学生の就業時間が週28時間以上になった場合、エラーを出力する方法はありますか?

ID:7161

Q.留学生の就業時間が週28時間以上になった場合、エラーを出力する方法はありますか?

また休業期間中の場合、週40時間でエラーとしたいのですが、合わせて設定する方法はありますか?

 

A.以下の方法をご利用ください。

配置メッセージマスタを作成し、エラーとするスタッフに設定して下さい。

以下は設定フローになります。
登録した場合のメッセージについては[設定後の登録について]をご確認ください。

 

配置メッセージマスタ

配置メッセージグループマスタ
スタッフマスタ

 

配置メッセージマスタ

Frame 3 (32).png

 

配置メッセージグループマスタ

Frame 2 (53).png

 

スタッフマスタ

Frame 3 (32).png

 

設定後の登録について

上記設定を行っていただくと、以下機能でスタッフを配置した際や勤務実績の入力時にメッセージを表示します。

  • 案件入力
  • 配置入力(日別)
  • 配置入力(月別)
  • 仕事応募申請(NEO)
  • 勤怠入力

週28時間を超える場合:[在留資格の1週間当たり最大時間を超えています]と表示され、該当する日程を表示します。

Frame 5 (23).png

 

 

◎参考◎
留学教育機関マスタで休業期間を設定している場合は、1週間の最大時間(28時間)のエラーチェックは省き、40時間のチェックのみになります。
Frame 4 (20).png

 

!注意!
配置メッセージマスタの[配置チェック区分]を在留資格(日)以外で作成している場合は、設定した内容の[警告値]、[中断値]でエラーまたは警告表示されます。