【法律】定額減税を行った後に非居住者・死亡退職等が発生した場合は、どのような処理になりますか

ID:7231

Q.定額減税を行った後に非居住者・死亡退職等の理由により年末調整を行う必要がある場合は、どのように処理しますか

 

A.定額減税では対応できません。

定額減税を行った後、非居住者、または死亡退職等が発生した場合、年末調整にて年調所得税額から年調減税額を控除することにより定額減税額の精算を行うこととなります。


今回リリースされる定額減税では、年末調整の対応は行いません。
年末調整の減税対応がリリースされましたら、年末調整入力よりご対応ください。

◎参考◎
死亡退職等に関する減税につきましては国税庁-令和6年分所得税の定額減税Q&Aよりご確認ください。
問.4-2 控除外額のある人が死亡退職した場合 

 補足:年末減税対応リリース前に源泉徴収票の発行が必要となった場合 

年末調整計算を実行後、源泉徴収票の[摘要]欄と[源泉徴収税額]を手動で修正し、出力してください。